9.5のIK結果の対称性がアレ('A`)

Z+へ向けた4本(各500mm)の連なるボーンx2セットを左右対称に配置。 HPをIKに。
Goalを±XとYに移動。 XZ平面で逆ハの字(V)型、YZ平面で/状態に。
Goalと終端ボーンとは離れた距離になり、IKチェーンはつっぱった状態になっている。

根ボーンの左右誤差。
 9.3.1ではHeadが-16.88:16.74で差約0.14度。
 9.5ではHeadが -17.15:16.82で差約0.33度。

 Pitchはそれぞれで同じ。
 9.3.1のPitchは-20.38度。
 9.5のPitchは  20.67度。

根以外のHeadも各々で同程度の左右誤差を持つ(9.3.1は0.1前後、9.5は0.3前後)。

3本目のボーンをFollowerさせたヌルの位置の左右差は
 9.3.1で-525.549:524.2529で差約1.3mm
 9.5で -526.42:523.1583で差約3.3mm

 Z方向の差は
 9.3.1で約0.4mm
 9.5で約1.0mm

左右対称構造で左右対称のGoal位置でも従来以上に違う結果になりやすそうな気が('A`)ウーン
単純な構造で見れば差は無いに等しいけど、複雑な構造でどう作用(Limits、Flip etc)するやら('A`)

おまけ:
 9.5のMotionPanelのFollower機能はAfterIK固定っぽい。

----
自前の人型ボーンでも概ね同じ傾向だった('A`)
左右の差が倍位に広がる('A`)
体感速度差も無いし、何を考えてこんなにしたんだろう(・з・)

9.5.1まだ~?(・з・)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック