APSL:VMAD操作

無理wwww

LS2.6から不連続UV用にisMappedやgetValue、setValueが拡張されたけど、「不連続UV用」のせいなのかバグなのかしらんけど素直に動かねぇ(;;・з・)
一応、vmap.setValue(point, Value|Array, polygon)で値の変更は可能。
但し、消去の為の「nil」を受け付けない(型違いエラー)。
Array( @nil,nil@や@nil@)にすれば受け付けるけど、消去の変わりに「0」が入る模様。

APSLをポリゴンの分解なしにVMADの状態で消去する計画は頓挫('A`)
LScriptでなくDLL(.p)でなら出来るのかもしれんけど('A`)('A`)

てか、UVを前提にしたデータ構造/処理機構に対して、関係無いデータをぶっこむ事に無理があるんじゃ(・з・)>エッジウェイトやAPSL

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック