APSL型に触るには。

@define VMAPSL @'A','P','S','L'@
とかしておいて、
vmap = VMap(VMAPSL, "APS.Level") || error("
Not Found APSL");
とか。
defineでなく、VMap(@'A','P','S','L'@, "APS.Level")としても問題ないけど 。
配列に入れる値はダブルクォートでなく、シングルクォートで入れること。

APS.Levelという名のvmapが他に存在しないなら、VMap("APS.Level")だけでもアクセス出来るけど、ファイル内にAPS.Levelが存在していなかった場合、vmOAの作成に失敗するだろうから避けた方がよさげ。
型指定があれば、存在しなかった時にvmapが作成された後にvmOAが作成されるはず。
まぁ別型同名vmapがあった時のお呪いも兼ねて。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック