もきもき3D

アクセスカウンタ

zoom RSS LW9.5.1のグラフエディタはエクスプレッションの参照状態を破壊するかも

<<   作成日時 : 2008/09/04 02:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 Blenderのテスト用のLWSを開き直したら動きが変わってた。

 で、調べたら、グラフエディタのエクスプレッションのアイテム参照でアイテム[A]+アイテム[B]だった箇所が[B]+[B]に変わってた。
 LWSからエクスプレッションを取り出してオリジナルと比較したら別の箇所も同様に変わってた。
 さらに、エクスプレッション[C]+アイテム[A]だった箇所が[A]だけになってた。

 エクスプレッション破壊の影響を受ける形状のMDDを取ってからLayoutを終了させる迄の間にした事は、別の形状のReplaceとそのMDD取得、フリーズ形状の取得位。
 原因になりそうなのはReplace?
 
 吐いてあるMDDをクローンに適用して比較確認したら、破壊箇所は全て↑の時に起きてた模様。
 過去の細々した作業の中でこっそり壊れたわけでは無いっぽい。

 簡単に再現するのなんて無理だろうなぁ('A`)
 100%再現出来なきゃ取り合って貰えないだろうしなぁ(・з・)
 グラフエディタの参照破壊は昔からある事だし諦めるしかないのかねぇ(・з・)

----
 でも以前の問題は参照先がReplaceされた時に参照が外れる/外れる時もある、なんだよなぁ。
 操作してない箇所の参照が不定数外れるのとはわけが違うな(・з・)

 それはさておきBlender。
 WeightPaintが現実的な応答をしないのは仕様なんじゃろうか('A`)
 隠せる場所は全部隠してマスクしても、クリック>2秒位して受理>以降2秒3秒単位でポーリング>そのタイミングでカーソルが頂点に乗ってないと処理されない、みたいな動作をしやがるんですが('A`)
 結局、EditModeで頂点選択+値指定+Assignの方が面倒だけどストレス無く素早く入力出来る状況ってのは何かおかしい('A`)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
LW9.5.1のグラフエディタはエクスプレッションの参照状態を破壊するかも もきもき3D/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる