もきもき3D

アクセスカウンタ

zoom RSS 9.5新設コマンド:LockAxis

<<   作成日時 : 2008/07/24 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 EnableXXの(mov/rot/scl)ツール切り替え不要版。
 ツール切り替え不要なのとON/OFFがトグルでないのが利点。
 複数選択への一括処理は不可。 選択順の末尾、配列格納順の先頭のみが対象になる。
 UI(表示)は自動更新やRefresh/Redrawによる表示の更新対象にはならない。 パネルクリック等でUIの再描画を促さないと実状態を視認出来ない。

LScriptの場合
 ○CommandInput("LockAxis n1 n2");
  n1は0〜8の値でXYZ(pos) HPB(rot) XYZ(scl)に対応する。
  n2は0が非ロック状態(ボタンハイライト有り)、1がロック状態(ボタンハイライト無し)。
 ○LockAxis(n3, n2);
  n3は1〜9の値で軸への対応はn1と同じ。
  n2は前述と同様。

DLL/SDKの場合
 ○cmdSeq->execute("LockAxis n1 n2");
  n1,n2はLScriptと同じ。
 ○cmdSeq->lockup("LockAxis");でcmdCodeが得られるかは未確認。

----
 どうせならunsigned int の9bitを使ったフラグでの指定にしてくれればいいのに('A`)
 と、自前のプラグインで試し書きして思った。
 後、lock状態も同様に取れるAPIも足してくれればいいのに。
 状態取得は3bitずつx3回のままだし、変更はツール切り替えのコマンド3回分を省けるとは言え、結局最大9回発行する事は変わらないという・・・。
 1軸だけピンポイントで変更する場合は状態取得とかしないでコマンド一発で済むから確かに便利ではあるけれど・・・unlockと同様にスプレッドシート用の簡便化かねぇ('A`)
 そうでない時のコストがEnabelXXと大差ない気がする。
 複数対象への一括処理も出来ないから結局ループでSelectItemしなきゃいけないし(・з・)
 無いよりはマシと思うか、ただでさえ贅肉太りしてるんだから余計な脂肪は付けるなと思うか・・・ムゥ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
9.5新設コマンド:LockAxis もきもき3D/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる