もきもき3D

アクセスカウンタ

zoom RSS ObjectFuncsというかモデラ自身・・・

<<   作成日時 : 2007/11/09 17:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 腐ってる('A`)
 複数のオブジェクトファイルが選択された状態ではカレントオブジェクトは選択順に関係なくレイヤウィンドウ上で上位の物がなる。
 が、モデラ起動/CloseAll直後の空オブジェクトをファイルのロードにより消していた場合で上位1,2〜を選択していた時は2がカレントになる。 1,3〜の場合は1(上位)がカレントになる。
 空オブジェクトにゴミデータを入れるなどしてファイルのロードで消されないようにして保持していた場合は選択が1,2〜であっても1がカレントになる。
 後から元空オブジェクトだけを閉じた場合にどうなるかは未確認。

 単一ファイル(内レイヤー)での操作以外は罠だらけかよ('A`)

 objFuncs->layerList()も結局(カレントオブジェクトに対してすら)オブジェクト毎に分離した値は取れないぽいし、カレントオブジェクトのレイヤー数を返すqueryFuncs->numLyaers()は本来の値+4が帰ってくるとか、もうね・・・('A`)

 newtek社員のケツにロケット花火突っ込みてぇヽ(;`д´)ノ

----
 起動直後の空オブジェクトはrefName(・R 1)で固定なので、(・R 1)が存在してたらカレントオブジェクトのズレは無いとして扱える。
 但し、CloseAll後の場合、空オブジェクトのrefNameは不定なので判断手段が絶たれる。

 選択状態が単一ファイルなのか複数ファイルなのかを判断する材料は無いのかなぁ('A`)
----
 layerMaskとlayerListがマッチしなければ複数オブジェクトが選択されてると言えるか。
 但し、1オブジェクト内のレイヤー数が32以下の場合に限るけど。

 起動(or CloseAll)→Lwo1ロード(空Objを置換)→Lwo2ロード→Lwo3ロード→Lwo1をClose。
とすると適切なカレントオブジェクトの取得を出来るようになる。
 起動(or ClsAll)→空Objを埋める→Lwo1をロード→Lwo2をロード→(元)空ObjをClose。
としても適切な取得が出来るようになる。
 起動(or ClsAll)→NewObjctする(空Objは置換されない)→Lwo1をロード(空/New/Lwo1の3Objが存在する状態)。
この状態でも適切な取得が出来る。

 モデラによる空オブジェクトの自動置換が行われた時に内部の整合性が壊れるのね(・з・)

 ゴミデータで埋めなくてもレイヤーをリネームすれば置換されなくなる。
----
 SETOBJECTコマンドでカレントオブジェクトを切り替えて、layerMaskでレイヤ選択状態を取れないか試したけど、切り替えた段階で選択状態を破棄しやがる('A`)だめぽ

----
改めて返答貰ったけど、結局の所、ダメポ、との事('A`)
てか、Newtekの連中とミートホープ社長がダブって見えたよ(・з・)
板ばさみになるDStorm( ´・ω・)カワイソス

モデラで保証されるのは1ファイルの時のみ。と。
LW9.0から2ファイルに跨いでる時にBGConformが不正落ちするようになった理由にはならないけどな( ゚д゚)、ペッ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ObjectFuncsというかモデラ自身・・・ もきもき3D/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる