ScreamerNetとIntefaceInfoとCostomObject

 スクリーマーネット時はInterfeceInfo->itemColor()は存在しない。
 シーンレンダリング中に呼ばれるCostomObjectの関数は、Init()、NewTime()、Cleanup()。
 LWSNに投げた場合は、最初にHandlerActivate()とCreate()、最後にDestory()って感じか。
 他プラグインに渡す為のデータのプリフェッチャとしてのCostomObjででも無い限り、Activateの段階でSystemIDでネットレンダかどうかを見て、ネットなら何もしない空関数を返すのが最小の実装/実行コストになって良いかもしれない。
 Layoutをホストにした場合のLWSN -2の時にどうなるかは未確認だけどw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック