ラティス/FFD curve種

 リニア補間、Ferguson-Coons、Catmull-Rom、BSpline(UBS)、Bezier、後一つ名称不明な奴、取りあえず6種を抑えられれば、対象形状やグリッド数、制御点移動の反映傾向においてそれなりに実用になるかな('з`)
 適切な実装が出来るかは別として('A`)
 まぁ数学術用途でなく、意に沿う変形さえ得られればいいのだから、係数の類が多少間違えてても問題ないのだろうけれども('ε` 三 'з`)
 正否が曖昧なのは気持ち悪いという心情的なものは捨て置こう。

 それにしても、これが正解(キリッとしたcodeや、結果として有るべき解/形状の見本が無いないのが中々辛い('A`)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック