Handler設置とMesh/Null判別とクローン

 覚書を兼ねて。
 Clone時に呼ばれるのはHandler->Copy。 contextのコピペで呼ばれるのはHandler->Save/Load。
 Handlerの付いたItemをCloneした時、Clone→Handler->Create→Handler->Copyとなる。

 Create内でobjInfo->numPoints/Polygonsを使ったNull Item/File Obj判別している場合、通常のHandler設置時には問題にならない。
 但し、Cloneから呼ばれた場合はnumPoints/Polygonsは常にゼロを返すので、判別に失敗する。
 Pnt/Pol数でNull Itemをはじく分岐だったなら、常にNull Itemとなり、Createが完遂しない(プラグインのコピーがされない)。

 幸い、objInfo->filenameは正常なので、その文字列内のパス文字の有無で判別すれば失敗の確率を下げられる。
 0%に出来ないのはNull Itemにファイルパスの名を付ける事が可能な為。
 後、HUBを使い、モデラでレイヤー状態が変化した場合に、レイアウトがPnt/Polの無いゴミレイヤーを蓄積させる問題も絡んでくる。

 ここら辺は運用でカバーするしかなさげ(・з・)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック