メモ:Lightwave 9.6とSekegonEditorとVertexPaint

 以前、知人がVtxPでポリ表示が消えると言った際に確認した事項のメモ。
 個人的にはVtxPとSekegonEditorは使ってないので、記憶から消え去る前にヒントとして残す('з`)

 とりあえず、LW 9.6添付のSkelegonEditor 2.10迄に含まれるBankモードの問題と、VertexPaintの該当箇所の扱いの変化による互換性の問題だと思われる。
 LW 9.6リリース後に出たSkelegonEditor2.11で新造したSkelegonであれば問題は出ないっぽい。

 2.10迄で作った問題のあるSkelegonを使いたい場合は、2.11でBankオプションを別モードに変更する事で対処出来たと思う。
 但し、保存/終了後に再度元モードに戻すと、問題のある元データ(のSKBR/Bank値?)が保持されているのか、再度表示に問題が出たような気がする(テストしたはずだけど忘れた)。

 レイアウトのCvt to Skelegon(SkelegonReaderではない)で読み込んで適当に情報を欠落させた後に、モデラのLoadBonesで再取得、SkelegonEditorで欠落情報の補完。
 てな事でも旧Skelegonデータのリカバリーが出来るかもしれない(試してない)。

 VtxPをLW 9.3.1の物に差し替えるという力業も有り。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック