MOT Importer

 一応、おいとく('A`)

 LW MOT Importer:
 www.neko.ne.jp/~asagi/P2P/as_import_lw_mot-Blender_0100.zip

----
 FluidをRender Resolution 158(380M)以上にしたらエラー出して落ちた('A`)
 157(37xM)なら大丈夫。
 閾がResolutionなのかメモリ量なのかは謎。

 空きメモリは1.7G程度。
 だめぽ('A`)

----
 ('A`)ウボァ
 LW用のtibe3_BlenderFluid.pがつかえねぇ('A`)100%落ちる。
 さらに、Blender用のlw_lwseqexport.pyが使えねぇ('A`)
 バウンディングボックスを取る段階で要素が無いとか言ってくる。
 多分、何も無いフレームに対応してねぇ('A`)
 LWの方も空フレームを想定してなくてヌルポを触って落ちるとみた('A`)
 うぼぁ('A`)

lw_lwseqexport.pyの末尾から2行目
frames = range(context.startFrame(), context.endFrame())

frames = range(context.currentFrame(), context.endFrame())
にして、          ~~~~~~~~~~~~~~~~
目視と手作業で、メッシュが存在するフレームにタイムラインを合わせてから実行する事で回避('A`)

----
 一応、Blenderから↑でLWOを吐いて、LightwaveにObjSequence2で読み込んでのプレビュー。
 カスタムオブジェクトを消してないから見難いけど(;;・з・)
 www.neko.ne.jp/~asagi/080908a.mp4 (364KB)

 Resolutionの都合でこれ以上メッシュを小さく出来ない、←の影響もあって液の体積を減らせない、変形する複雑な形状への衝突に問題がある、以上から本旨に適わないと判定('A`)

 変形しない簡素な形状への衝突なら出来るし、ミクロorマクロな視点に限ればResolutionもそれ程影響しないだろうから、そういう場合は使えるかも('A`) 単なる水面とか。

 今回は弄ってないけど、連番LWOへの一括サーフェス変更はNextLimitが昔にRealFlow向けで配布してたSurfRep.pが使えると思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック