AddNullと選択状態

LScriptの場合
 AddNull毎にScene.getSelect()とすれば新造されたNullのOAを取れる。

SDKの場合
 itemInfo->selItems;はプラグイン起動直後の選択状態をプラグイン終了迄保持するっぽい。
 AddNull後やAddNull+RefreshNow後にselItemsを見ても更新されていない。

 itemInfo->itemFlagsは更新されるので、AddNull毎にitemInfo-first()/next()でオブジェクトリストを走査する事で追加されたNullのIDを特定できる。
 追加されるNullはIDの抜け分から埋めていくので、既存オブジェクトの最大IDを走査の基点にするのはNG。
 初回のみ先頭から走査、次回以降は先に追加されたNullのIDを基点にして走査する、ってのが一番無駄が少ないかな('A`)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック