LightWave9のerror()動作とLScript:Round UV Value

Lightwave9モデラでerror();使用時に中断処理されないぽい。
不備に対してerror();で安全に中断させる事が出来ないって事で・・・( ゚д゚ )
----
追補:error()として処理されるべき所をwarn/infoで処理してるのかも。
表示がerrorの赤でなくwarn/infoの黄色だし。
----
追補:
アラートレベルを変えて確認したら、error();とwarn();の両方とも info();として実行されてた。
開発担当者チネ(・x・)
----
追追補:
レイアウトもerror()で終了処理されなくなってる(・x・)チネ

----
話し変わって新作スクリプト。
UV値をテクスチャ画素(解像度)に合わせて丸めるもの。
グリッドに沿う不連続UV境界の辻褄を合わせやすくしたりしなかったり。
不連続UVには対応させてないから、意義が薄まりまくり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック