関節とHP軸覚書

head回転にpitch軸は追従する。
headが90度回ってもジンバルロックはしない。
pitchにheadは追従しない。
pitchが90度回ると取り残されたheadとbankが重なる為にジンバルロックやフリップする。

主軸をheadとしてheadを回してからpitchを回すのと、主軸をpitchにしてpitchを回してからheadを回すのでは配下のobjやvertexに及ぼす影響&結果は異なる。

ボーンの動きだけを見るなら全軸を自由に回転させる事で数字的な辻褄は合うけど、とんでも無い変形したり、造型対象として形状を見た時起こりえない状態になりうる。 肩の頂点が背中に回ったり・・・。
関節部の性質を考慮して用いる軸を決める必要がある('A`)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック