もきもき3D

アクセスカウンタ

zoom RSS particleFxの謎行為

<<   作成日時 : 2009/07/29 10:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 計算開始させると、EmitterやCollisionとまったく縁の無いアイテムを一つSelectItemしてItemVisibilityを0(Hidden)にする。
 計算終了時にそれを元に戻す。

 何かのフラグとして使ってるようにも思えない。
 ID0,2,3がMeshで0がCollision。
 Emitterは他に10個程あるNullのうちの一つ。
 処理対象にされるのはID2のMesh。
 NullとMeshが一つづつのシーン場合は行われていない。
 Previewから外してBoundingBoxThreshouldから溢れるのを防ぐ為に必要なだけHiddenにしている可能性もあるが、本例からは成立しない(シーン内ポリゴンは11000程度。閾値はその10倍あるし、ID2は90ポリゴン)。
 何やってんだ?

次、計算中に発行されるコマンドは
 SelectItem, GoToFrame, StatusMsg, Refresh, RefreshNow, ItemVisibility。

 SelectItemは前述の処理とその選択変更からの復帰の為に使われるっぽい。
 事前に何かをしたかどうかは問わない、決め撃ちの復帰処理ね。
 最初と最後のみに発生する。
 最初だけは、GoToFrameで1フレーム進めた後に戻す事をしている。 SelectItemはその間に起る。

 基本的な流れは、
  TIMEイベント
  評価
  GoToFrame currentTime
  Refresh
  StatusMsg
  評価
  RefreshNow
  (CustomObject:Collision?)

 同一クラスのハンドラーはID順で呼ばれるっぽいけど、EmitterとCollisionのID関係を変えても影響しなかった。

 Refreshは見えない所で発行したコマンドに対する自動発行の類か?
 何処かで介入する事で処理を改善するってのは無理かなぁ('A`)

 別の所で問題抱えてそうだし('3`)
 てかCollisionを無視して何も無い空間に衝突するようなプログラムがまともに動いてるとは思えない(w

 [Abort]ボタンを付けますた、とか言ってないできっちりバグFIXしなさいよね、イライラする!
 マジで、なんでもできちゃうスコップを持ってNewtekにいきてぇヽ(;`д´)ノ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
particleFxの謎行為 もきもき3D/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる